一般社団法人アート・アンド・パブリック協会

メンバー
メンバー

特別顧問

一覧に戻る

北川 フラムきたがわ ふらむ

http://www.artfront.co.jp/

女子美術大学教授

1946年新潟県高田市(現上越市)生まれ
東京芸術大学美術学部卒業

1978年「ガウディ展」を全国11ヶ所で巡回、80年に「子どものための版画展」を小・中学校を中心に全国で巡回。88年には「アパルトヘイト否!国際美術展」を全国194ヶ所で巡回、草の根的なプロデュースを展開し、それまであまり知られていなかったガウディと、アパルトヘイトに反対する芸術家の動きを日本に紹介した。その他出版から音楽、企画展のプロデュース、都市・建築・まちづくりにおけるアート計画など活動は多岐にわたり、自ら美術・文化評論の執筆活動も行う。
代表的なプロジェクトとして「ファーレ立川アート計画」(94年度日本都市計画学会計画設計賞受賞)など。また、98年には “現代アートと社会を結ぶサインコミュニケーション活動の開拓的業績”によりSDA賞特別賞受賞。更に活動の拠点である代官山ヒルサイドテラスはその都市文化への発信に対する貢献で98年度メセナ大賞を受賞した。
1997年より十日町地域ニューにいがた里創プラン事業総合コーディネーターとして、越後妻有アートネックレス整備構想に携わり、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2000、2003、2006、2009」では総合ディレクターをつとめ、大地の芸術祭は2001年度ふるさとイベント大賞グランプリ(総務大臣表彰)を受賞した。
長年の文化活動により、フランス共和国政府より2003年芸術文化勲章シュヴァリエを受勲。2006 年度芸術選奨文部科学大臣賞(芸術振興部門)受賞。2007 年度国際交流奨励賞・文化芸術交流賞受賞。


株式会社アートフロントギャラリー代表取締役、株式会社現代企画室代表取締役、コサンティ財団 (アメリカ)理事、地中美術館総合ディレクター、女子美術大学芸術学科教授、渋谷区まちづくり審議委員、埼玉県景観アドバイザー、東京都現代美術館美術資料収蔵委員等、越後妻有アートトリエンナーレ総合ディレクター、瀬戸内国際芸術祭2010総合ディレクター

■プロデュースした最近の主な展覧会
2009水都大阪2009(大阪府)
2009水と土の芸術祭(新潟市)
2007大阪アートカレイドスコープ 2007 (大阪府)
2006第3回大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2006(新潟県十日町市、津南町)
2005日本におけるドイツ年:ドイツデザインプロジェクト(ヒルサイドテラス)
2004東大寺アートプロジェクト「実忠の三つの不思議な花」(東大寺鏡池)
2003第2回大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2003(新潟県十日町市、川西町、津南町、中里村、松代町、松之山)
■最近の主なプランニング及びプロジェクト
2006宇宙連詩プロジェクト /事業主:宇宙航空研究開発機構
2005中部国際空港アート計画 /事業主:中部国際空港
2004関西電力本社ビルアート計画 /事業主:関西電
2003札幌駅アート計画 /事業主:札幌駅南口開発
2003朱鷺メッセアート計画 /事業主:新潟県
■主な編著作
2010「大地の芸術祭・ディレクターズカット」角川学芸出版
2005「希望の美術・協働の夢 北川フラムの 40年」 角川学芸出版
2004「いま、そこにいる良寛」 現代企画室
2004「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2003」 現代企画室
2001「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2000」 現代企画室
1995「別冊太陽 パブリックアートの世界」 平凡社
1987「工事中  KAWAMATA」川俣正作品集 現代企画室
1984「ガウディを <読む>」 現代企画室
1981「悲喜劇・ 1930年代の建築と文化」 現代企画室
1980「菅井汲  1980」 現代版画センター
1977「現代と声 版画の現在」 現代版画センター

ページトップ